ランプウェイでは、十分にスピードを落とそう

高速道路出口でダンプカー横転

 以前、高速道路の「スピードの錯覚」についてお話したと思いますが覚えていますか?
 長い間高速走行を続けていると、高速にスピード感覚が慣れてしましい、自分では速度を十分に落としたつもりでも、必要なだけ速度が落ちないことがあります。

 

 こうしたスピードの錯覚でいちばん怖いのが、出口のランプウェイなどをスピードオーバーで走行してしまうことです。

 ランプウェイ上で予想以上にカーブがきつく、慌ててブレーキを踏んだ経験はありませんか。

 

★カーブを曲がりきれずにダンプカーが横転!

 先日も高速道路出口でこんな事故が発生しています。
 さる11月6日の朝、北陸自動車道の富山西インターチェンジ(IC)のランプウェイで、本線から料金所に向かう左カーブを曲がりきれなかったダンプカーがガードレールに接触して横転し、ダンプカーのドライバーも右腕を骨折する重傷を負いました。また、はずみで積荷の固形燃料5トンが転落して道路を塞ぎ、このICが3時間も通行止めになりました。
 ダンプカーは重量物を積んでいたにもかかわらず、スピードを十分に落とさなかったため、遠心力に耐えきれず横転したものと思われます。

 日本の高速道路の出入り口ランプウェイは、距離が短くてカーブの旋回半径もきつい場所が多いので、速度40km以下などに設定されていて、出口の手前で「100先 出口速度 40キロ」などといった予告標識があります。こうした標識を見たら、早めに十分減速することが大切です。
 その場合もスピードの錯覚を意識して、必ず、スピードメーターを確認する癖をつけましょう。

(シンク出版株式会社 2012.11.12更新)

バス・トラック運行管理者のためのスケジュール手帳

 シンク出版の運行管理者手帳は、バス・トラック事業の運行管理者にとって必携手帳となりつつあります。

 

 手帳の資料頁には運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて一冊に収録し、毎年最新の法令改正に対応しています。

 

 また、週間カレンダーには安全スローガンを収録、メモ帳も充実の内容でスケジュール管理も万全です。

  

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月17日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。