冬用タイヤへのはき替えは早めに

 ついこの間まで暖かい気候が続いていたかと思っていたら、アッという間に寒さが増してきました。暖かいとつい忘れてしまうのが、車の冬じたくです。

 

 まだ雪が降ることはないだろうと油断して夏用タイヤのままでいると、ある日突然雪が降って、スリップ事故を起こすということになりかねません。

 

 NEXCO東日本(東日本高速道路)東北支社では、毎年冬用タイヤの装着状況について調査していますが、東北地方でもまだまだ冬じたくは進んでいないようです。

 

 調査結果によりますと、11月5日時点で冬用タイヤの装着率は東北支社全体で11%しかありませんでした。その内訳は、青森県が30%、山形県が22%と比較的高い装着率を示した県がある一方で、岩手県9%、秋田県8%、福島県8%、宮城県では4%と、ほとんど冬用タイヤへの移行が進んでいない県もありました。

 

 NEXCO東日本東北支社管内では、すでに11月2日に山形自動車道(笹谷峠付近)で、11月4日に東北自動車道(十和田IC付近)で初雪が観測されています。

 

 東北地方に限らず他の地方でも、これからは、いつ雪が降ってもおかしくありません。
 雪が降ってから冬用タイヤにはき替えるのではなく、雪が降る前に早めに冬用タイヤを装着するようにしましょう。

(シンク出版株式会社 2012.11.14更新)

運行管理者・配車担当者のためのスケジュール手帳

バス版(左)・トラック版(右)があります
バス版(左)・トラック版(右)があります

 シンク出版の「運行管理者手帳」は、運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめ、1冊の手帳に収録しています。

 

 カレンダーやメモ欄も記入スペースを多く設けていますので、スケジュール管理も万全です。また、月々の交通に関する行事や、安全スローガン、日出・日入の時刻も掲載しています。 

 専用WEBサイトから、一部の掲載資料のダウンロードが可能です。

 

 【詳しくはこちら】

 

過去の朝礼話題
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月24日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。