自転車に乗るときにはヘルメット着用を!

子ども自転車 ヘルメット

 皆さんが自転車に乗られるときには、ヘルメットを着用していますか?


 ほとんどの人は、着用していないと答えられると思いますが、自転車事故の際に、ヘルメットを着用していると被害が軽減されることがわかりました。

 

 交通事故総合分析センターが発行するイタルダインフォメーション(№97)によりますと、平成21年~平成23年の間に自転車事故で死亡した人は1,981人いましたが、その人がどの部位を主に損傷していたかを調査したところ、頭部が64%でトップ、次に胸部が13%、腰部が6%の順になっており、頭部の損傷が圧倒的な多数を占めていました。

 

 また、頭部損傷者の損傷状態をみると、「骨折」と「裂創・座滅・打撲」の2つで大半を占めています。

 

 自転車に乗っているときに事故にあうと、四輪車の車体に頭部をぶつけたり、路上に投げ出されたりして、そのときにヘルメットを着用していないと頭部を守ることができずに、死亡事故になっているのです。

 

 自転車事故の際には被害を軽減するには、頭部を保護することが絶対条件です。そのためにはヘルメットの着用を習慣化しましょう。とくに、子どもさんがおられる場合には、ヘルメットを着用させるようにしてください。

 

(2013.1.24更新 シンク出版株式会社)

交通事故防止教育教材のご案内

軽い気持ちでした運転行動が、高い代償を生みます

 安易な気持ちから生じる不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任を生じさせることがあります。


 小冊子「低い安全意識が高い事故の代償を生む」は6つの事故事例について、運転者の過失責任の割合を自分なりに考えて回答する、参加型の指導教材となっています。

 

 自分の回答と解説を照らし合わせてみて「こんな運転行動をすると大きな過失責任を生む」といった危険をより深く理解することができます。

 

 【詳しくはこちら】

過去の交通安全朝礼話題
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月19日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。