冬場は踏切や交差点手前でのスリップに注意

 雪道の路面はどこでもスリップしやすいのですが、とくに注意したいのが、踏切や交差点手前です。
 踏切や交差点は、多くの車が発進・停止を繰り返すために、路面が磨かれて、アイスバーンのようになり、非常にスリップしやすくなっているからです。
 
 さる1月28日午前8時35分ごろ、秋田県大館市内にある奥羽本線の踏切で、69歳の男性が運転する軽トラックが踏切手前でスリップして遮断機の降りた踏切内へ進入し、通過中の特急列車と衝突して、運転者が死亡する事故が起きました。
 事故現場の踏切手前の路面は、事故当時圧雪状態になっており、軽トラックは止まり切れなかったようです。

 

 多くの車が発進・停止を繰り返す交差点手前も、路面が踏み固められてアイスバーンのようになっていますので、踏切手前と同様に注意が必要です。
 赤信号で停止しようとした車が、スリップして止まり切れずに前車に追突したり、交差点内にに進入して交差道路の車と衝突する事故がよく起きています。

 

 雪道を走行するときには、踏切や交差点手前ではスリップしやすいことを頭に入れて、手前からスピードを落として近づき、ソフトなブレーキングを心がけてください。

 

(2013.2.6更新 シンク出版株式会社)

■雪道・凍結道の事故を防止しましょう

 小冊子「雪道・凍結路の危険をイメージしよう」は、冬道を走行するドライバーに対して、安全な運転方法を指導するのに最適の教材です。

 

 雪道を走行するにあたって、必要な知識が身についているか、また危険な行動をしていないかを「はい」「いいえ」でチェックすることにより、冬道走行の基本を学んでいただくことができます。

 

 

【詳しくはこちら】

 

過去の交通安全朝礼話題
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月27日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。