同じデザインの標識でも色によって意味が違う

 道路標識はいろいろありますが、なかにはデザインが同じなのに色が少し違うだけで、意味がまったく違うというものも少なくありません。


 たとえば、右のように赤い丸に斜めの線が入っている標識で、中が白いものと、紺色のものでは意味が違いますよね。


 中が紺色にぬってある1の標識は、どういう意味でしょうか?
 まさか「わからない」という人はいないと思いますが、「駐車禁止」か「駐停車禁止」のどっちだったかなと迷っている人はいると思います。これは、「駐車禁止」の標識ですよね。
 
 では、2の標識はどうでしょうか?
 この標識は、「通行止め」か「車両通行止め」か、少し迷う人がいるかも知れません。

 

 斜めに一本線が入っているほうは「車両通行止め」で、車両は通行できないと言う意味です。車両のなかには、原付も軽車両も含みますから、軽車両である自転車も通行できません。

 

 この車両通行止めの標識のなかに、大型貨物車や二輪車、大型乗用自動車(バス)などの図柄が書いている標識がありますが、書かれている車は通行できないことを示しています。

 

 「通行止め」のほうは、真ん中にペケ印が入っています。ここでは、人も車も路面電車も通行できません。
 通行止めの標識には、車両の図柄によっていろいろと意味が異なってきますので、しっかりと復習しておいてください。

(シンク出版株式会社 2013.4.10更新)

交通違反リスクを診断する自己診断テスト

 「違反だから…」と甘く見ていると、いずれは事故につながります。

 

 「交通違反のリスク診断」は、56の質問に「ハイ」、「イイエ」で答えて、「スピード違反」や「通行区分違反」など、どのような違反を犯しやすい危険性があるかを知ることができる交通違反防止のための教育教材です。

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

7月17日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。