リモコンキーによる子どもの車内閉じ込めに注意しよう

 最近の車のキ―は、ほとんどリモコン式になっていて、鍵穴にキー入れて開けるタイプのものはあまり見なくなってきました。

 

 「リモコンキー」や「電子キー」は、ボタン一つで車のドアを施錠できますので、荷物を持っているときなどは大変便利なのですが、誤作動や子どもが勝手に触って、車内に閉じ込められる事故も増えているので注意が必要です。
 
 今年の4月、熊本市の駐車場で母親が助手席に座らせた1歳の子どもに「リモコンキー」を持たせて、ドアを閉めて運転席に回ろうとしたところ、子どもが施錠ボタンを押してしまい、車内に閉じ込められるという事故がありました。
 また、「電子キー」タイプの車では、車内のカバンに入れたまま車外に出たらロックがかかり、乳児が車内に閉じ込められた、という事故も報告されています。

 これから気温が上がる時期ですので、子どもが車内に閉じ込められたら、熱中症になる可能性が高くなります。キーはドライバーが常に身につけ、子どもに持たせたり、車内に置きっぱなしにしないようにしてください。


 また、「電子キー」タイプの車では、エンジンを切っているときに電池が切れると、自動的にドアが施錠されてしまう車種もあります。電池は早めに交換しましょう。

 

(シンク出版株式会社 2013.6.4更新)

対自転車事故防止の教育に最適

 「軽く考えていませんか?自転車事故!」は、四輪車と自転車との事故の代表的な事例を6つ取り上げており、事例ごとにドライバー、自転車利用者双方にどのような過失があったかを考える内容になっています。

 

 どのような不安全行動が事故に結びついたかを理解することができ、ドライバー、自転車利用者双方の教育に活用できる教育用教材です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

6月18日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。