坂道で車が動かないようにしよう

 皆さんは車を駐車する時、必ず駐車ブレーキを掛けますか?
 それとも、AT車の場合はPレンジに入れるだけですか?

 AT車のPレンジは、ミッションギアをロックする仕組みがあるので、止まっている車は原理的には自分から動きません。しかし、坂道等で絶対に通用するとは言えないのです。
 坂道では重力が働く分、このロックの仕組みにも力がかかるからです。たびたび急坂に停車し、強い力がかかり続けていると、Pレンジの機構が壊れないとも限りません。

 また、何か強い力で外から車を動かそうとした場合、Pレンジのロックだけで動くのを防ぐのは難しい可能性もあります。ですから、坂道ではサイドブレーキなど駐車ブレーキも必ずひいておきましょう。

 駐車ブレーキは、一般的には左右の後輪をワイヤーなどで引っ張って止めるものです。坂道でもきちんと駐車ブレーキをかけていれば、重力によって動き出そうとする力を止めます。しかし、一方で人間のすることですから、駐車ブレーキのかけ方が甘い可能性もあります。

 つい先日も、岡山県高橋市で、緩い坂道に駐車した乗用車がバックで動きだし、車の後ろにいた運転者の母親と子どもがひかれ、母親が死亡する事故が発生しています。事故原因はまだ不明ですが、駐車ブレーキのひきが甘かった可能性が指摘されています。

 なるべく坂道での駐停車は避けましょう。やむを得ず坂道に車を止めるときは、AT車の場合必ずPレンジと駐車ブレーキの両方を実践してください。また、トラックでは念のため輪止めもしておきましょう。

(シンク出版株式会社 2013.7.4更新)

■トラック・バス運行管理者手帳を好評発売中です

バス版(左)・トラック版(右)があります
バス版(左)・トラック版(右)があります

 トラック運行管理者手帳」「バス運行管理者手帳」を好評発売中です。

 

 両手帳とも、運行管理のために知っておかなければならない知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて1冊に収録し、最新の法令改正にも対応しています。

 

 2018年版よりカバーにペンホルダーをつけ、付録として「免許取得時期による運転可能車両」の一覧表を記載した下敷きを追加しますます便利になりました。

 

【詳しくはこちら】

 

交通安全朝礼話題
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。