夏のドライブ、バッテリーとタイヤのチェックを忘れずに!

 夏は、実家に帰省したり家族旅行などで車を長時間運転する機会が多くなります。そのとき注意していただきたいのが、バッテリーとタイヤのトラブルです。

 バッテリー上がりは、冬場に起こりやすいのですが、夏場もエアコンなど電気を使う量が増え、道路渋滞に巻き込まれて充電が追いつかない状況になったりすると上がりやすくなります。

 まず、長距離走行の前には、電圧やバッテリー液が適量かなどを点検し、古くなっていたら思い切って交換するようにしてください。

 また、走行時にも注意が必要です。とくに雨天時の夜間に渋滞した場合には、さらに電気の使用量が増えますので、ヘッドライトをスモールに切り替えたり、間欠ワイパーに切り替えるなど工夫してください。

 また、夏は路面の温度が高くなっており、そこを高速で走り続けますとタイヤが熱くなって軟らかくなります。その状態で、タイヤに損傷があったりすると、パンクなどを起こしやすくなります。

 ドライブ前には、タイヤの傷の有無や溝の減り具合、空気圧の減り具合などをチェックしてください。空気圧不足で高速道路を走行すると、スタンディングウェーブ現象などのトラブルにつながりますから、必ず指定の空気圧が入っているかを確認してください。

 

(シンク出版株式会社 2013.8.1更新)

運転者心理に潜む危険を診断する交通テスト

事故の原因を突き詰めていくと、その背景には「前車が止まるとは思わなかった」など、運転者の危険な心理が潜んでいます。

 

自己診断テスト「運転者心理に潜む危険をチェックしよう」は、日頃の運転を振り返り、48の質問に「ハイ」「イイエ」で答えていただくと、運転者心理に潜む6つの危険について診断することができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月21日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。