対向車線が遅いときの右折に注意しよう!

 交差点の右折時にはどうしても対向直進車の動きが気になりますね。
 対向車がまだ遠くに離れているから行こうかな? 速度が遅いようだから先に右折できるかな? といったことが気になって、右折のタイミングを図ることに意識が集中しがちとなります。

 こんなとき、次のようなミスを起こしやすいので注意しましょう。


① 歩行者・自転車への確認が後回しになる
 対向車線に気をとられると、右折先の横断歩道を渡る歩行者や自転車などの確認は、右折を開始してからになります。
 すでにアクセルを踏んでからの確認なので、おざなりになりがちです。急に歩行者の存在に気づいて停止すると後続右折車に追突されたり、直進車の進路を妨げる危険性もあります。
 対向車を見る前に、まず横断歩道の周辺を確認しておくことが先決です。

② 遅い対向車の陰から出てくるバイクの発見が遅れる
 対向車線が混んでいてノロノロとしてきたり、対向車が非常に低速のクレーン車などで、自分が先に行けそうなタイミングを感じるとき、サッと右折したくなります。
 こんなときに限って、対向車の脇からバイクや自転車などがスピードを上げてやってくることが多いのです。

 

 バイクの飛び出しにあってもすぐに止まれるように、右折するときには徐行義務を守り、十分に確認してから右折していきましょう。

(シンク出版株式会社 2013.8.22更新)

「運行管理者手帳」 好評発売中です

バス版(左)・トラック版(右)があります
バス版(左)・トラック版(右)があります

 シンク出版の「運行管理者手帳」は、運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめ、1冊の手帳に収録しています。

 

 カレンダーやメモ欄も記入スペースを多く設けていますので、スケジュール管理も万全です。また、月々の交通に関する行事や、安全スローガン、日出・日入の時刻も掲載しています。 

 専用WEBサイトから、一部の掲載資料のダウンロードが可能です。

 

 【詳しくはこちら】

 

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月21日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。