津波の避難に車を使用することも容認

 従来、地震によって津波が発生したときに、避難のために車を使うと渋滞を招いて、かえって逃げ遅れる恐れがあると言われ、車を使うことは推奨されませんでした。


 ところが、東日本大震災発生の際に車で避難した人に理由を尋ねたところ、「車で避難しないと間に合わなかったから」「家族で避難しようと思ったから」「安全な場所まで遠くて、車でないと行けないと思ったから」などが、多数を占めていました。そこで、大震災の教訓を生かして、避難のための手段として車を使用することも検討され始めています。

 内閣府の中央防災会議が昨年7月にまとめた報告書では、徒歩避難を原則としながらも、徒歩避難が困難な高齢者等や避難所が遠い場所にある場合等では、地域の事情によって車による避難も容認しました。


 今年の6月、宮城県亘理町では津波警報発令を想定して、住民らが約600台のマイカーで一斉に内陸部の避難所に向かう防災訓練を行い、全国的に注目を集めました。ただし、このときの訓練では最長180mの渋滞が発生したということで、車による避難も難しい面があることを改めて印象づけました。

 津波警報が発令されたとき、車を使用するかしないかの判断は、住んでいる地域や家族構成などにもよる思いますが、いずれにしてもいざというときに備えて、避難方法を考えておく必要がありそうです。

 (シンク出版株式会社 2013.9.10更新)

■災害時にドライバーはどうすべきか教育しておきましょう

 ─忘れない!東日本大震災が教えてくれたこと

  

 教育用ビデオ「災害時、ドライバーはどう生き残るか」は、東日本大震災で被災したドライバーの証言や専門家の分析、実験映像などを交えた内容となっています。

 

 日本は自然災害の多い国です。地震、水没、大規模火災などの災害時にドライバーはどういった事態に遭遇し、どう行動すれば危険を回避できるのか、わかりやすく解説しています。

(制作 斉藤プロダクション)

 

詳しくはこちらを参照

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月21日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。