「救急の日」には応急措置について考えよう

 9月9日は「救急の日」です。9と9の語呂合わせですが、この日を挟んで8日(日)から9月14日(土)までは「救急医療週間」も実施されます。
 応急救護措置の講習を受けていても、いざとなると、人工呼吸がなかなかできないという人は多いようですが、心臓マッサージを実施するだけでも、救命率は非常に高くなります。

 救急の日には、消防署や医療機関が中心となった救命措置講習などが各地で行われますが、最近は「自動体外式除細動器」=AEDの使用方法を教える講習なども増えています。

 AED(Automated External Defibrillator)は、不整脈(心臓が細かくブルブルふるえていて、血液を全身に送ることができない状態)を起こしている人に有効で、強い電流を一瞬流して心臓に電気ショックを与えることで、心臓の状態を正常に戻す機能をがあります。

 電源スイッチを入れると説明音声が使い方を順に指示してくれるので、誰れでも使うことができ、心臓マッサージの代わりとなることがあります。AEDは設置場所が増えていますので、この機器の使い方を学ぶだけでも、少し自信がつくと思います。

 不幸にして交通事故を起こしてしまっても、被害者を一生懸命救護することで、命を救うことができます。
 今日の「救急の日」を機会に、自分が事故現場で怖がらずに救護をすることを決意してください。

(シンク出版株式会社 2013.9.9更新)

■運行管理者手帳 好評発売中

バス版(左)・トラック版(右)があります
バス版(左)・トラック版(右)があります

 シンク出版の「運行管理者手帳」は、運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめ、1冊の手帳に収録しています。

 

 カレンダーやメモ欄も、記入欄を多く設けていますので、スケジュール管理も万全です。また、月々の交通に関する行事や、安全スローガン、日出・日入の時刻も掲載しています。 

 専用WEBサイトから、一部の掲載資料のダウンロードが可能です。

 

 【詳しくはこちら】

 

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。