相手に誤解を与えないカーコミュニケーションを

 安全で快適な交通社会を築いていくうえでは、運転中に自分の意思を相手に伝えるカーコミュニケーションは、非常に大切になります。

 

 しかし、カーコミュニケーションの主な手段としては、ウインカーやヘッドライト、クラクションくらいしかありませんので、下手に使うと相手に誤解を与えトラブルになることがありますので、注意して使う必要があります。

 さる10月16日の午後6時50分頃、千葉県成田市の国道51号で、乗用車を運転していた男性が、進路を譲ってくれたバイクにお礼のクラクションを鳴らしたところ、あおられたと勘違いしたバイクの運転者が、乗用車のフロントガラスを拳で叩いて壊すという事件がありました。

 

 どの程度の強さでクラクションを鳴らしたのかわかりませんが、クラクションは強く鳴らしたり、長く鳴らしたりすると、相手に対して威嚇したり抗議するように聞こえ、誤解を与えます。

 

 お礼の意味であれば、軽く短かめに「プッ」と鳴らせばそんなに誤解を与えることはありません。さらに、軽く手を上げれば感謝の気持がより伝わります。

 カーコミュニケーションで誤解を与えないようにするためには、相手に自分の意思を伝えるにはどういう方法が最善なのかを意識して送ることが大切です。

 

(2013.10.31更新 シンク出版株式会社)

2015 運行管理者・配車担当者手帳 好評発売中!

 

 運行管理に必要な情報を厳選して収録した、「運行管理者・配車担当者手帳」。 

 

 2015年版より、一部の資料についてWEBサイトからより詳しいデータをダウンロードしていただけるようになりました。

 

 また、カレンダー機能も強化していますので、スケジュール管理も快適に行っていただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

11月20日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。