パンクへの対処はきちんとできますか?

 タイヤのパンク処理をしたことがあるという人は、あまり多くはないと思いますが、過去に経験のあるという方でも最近の車は様相が変わっていることに注意してください。

 先日友人の車に乗り合わせて、紅葉見物に出かけた山の中の狭い道で、久しぶりにパンクに見舞われました。

 陥没した道路の水たまりの中に尖った石が隠れていたのに気づかないまま、浅い水たまりだと思って走行し、タイヤが傷ついて空気が抜け、走行できなくなったのです。


 タイヤ交換をしようと車のトランクを開けたところスペアタイヤはなく、床下には代わりに応急修理剤を充填するコンプレッサーとパイプが入っていました。しかし、修理剤はなぜか使用済みで空でした。誰かがすでに一度パンク修理をしていて使ってしまったのです。タイヤ交換も修理もできないので、自走できなくなってしまいました。
 しかも、パンクした場所は携帯電話の電波が入らない山中で、救援のレッカー車を呼ぶために遠くのドライブインまでヒッチハイクをして行くしかありませんでした。

 最近、コンパクトカーを中心にスペアタイヤがない車も多くありますので、充填剤の使い方をマスターしておく必要があります。
 皆さんも、さっそく帰ったらマイカーを点検してスペアタイヤ(テンパータイヤ)が入っているかどうかを確認し、空気圧が抜けていないかもチェックしておきましょう。応急修理剤タイプの車では、充填キットの確認をしてください。
 なお、パンク応急修理剤は釘がささった程度のパンクであれば臨時の応急措置として役立ちますが、バースト状態では充填しても自走は不可能な場合がありますので、山の中では、タイヤに負担をかけないような慎重な運転をしてください。
 

 (シンク出版株式会社 2013.11.1更新)

■2015 運行管理者・配車担当者手帳 好評発売中!

 運行管理に必要な情報を厳選して収録した、「運行管理者・配車担当者手帳」。 

 

 2015年版より、一部の資料についてWEBサイトからより詳しいデータをダウンロードしていただけるようになりました。

 

 また、カレンダー機能も強化していますので、スケジュール管理も快適に行っていただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月26日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。