早めに冬用タイヤの装着を

 このところ北国を中心に寒さが増し、各地で道路凍結によるスリップ事故が多発しています。報道によりますと、山形県内では11月11日に例年より早く初雪が降り、真冬のような寒さとなった県内各地でスリップ事故が相次ぎました。

 スリップ事故を起こした車のうち、約85%が車が冬用タイヤに履き替えていなかったということです。

 この他、宮城県でも路面凍結によるスリップが原因とみられる交通事故が相次いでおり、2013年11月13日午前5時半過ぎ、仙台市内の国道にかかる橋で軽ワゴン車とゴミ収集車が正面衝突し、1人が死亡、2人が軽傷を負うと言う事故が発生しています。この事故も、双方の車が冬用タイヤではなく夏タイヤのままだったということです。

 今年は、いつまでも暑い日が続いていたために、スタッドレスタイヤに交換するタイミングを逃してしまい、夏用タイヤのままで走行している人も多いと思います。しかし、最近の気象状況は、予想もしないようなタイミングで急に寒さがやってきます。

 まだ夏用タイヤで行けるだろうと安易に考えずに、早めにスタッドレスタイヤに履き替えておく必要があります。また、冬の初めはドライバーも冬道に慣れていないために、スピードを出し過ぎたり、夏場と同じような感覚で運転操作をしてスリップすることがありますので、装備だけではなく、スピードや運転操作も冬モードに転換することが重要です。

(シンク出版株式会社 2013.11.20更新)

■運行管理者・配車担当者手帳 好評発売中!

 運行管理に必要な情報を厳選して収録した、「運行管理者・配車担当者手帳」を好評発売中です。 

 一部の資料については、専用WEBサイトからより詳しいデータをダウンロードしていただけます。

 

 カレンダーやメモ欄も充実の内容でスケジュール管理も万全です。


 数に限りがありますので、お申込みの方はお早めにお願いします。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

10月23日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。