交通事故の経済的損失は想像以上に大きい

 毎年、日本損害保険協会では交通事故による経済的損失の実態を公表しています。


 それによりますと、平成23年度(平成23年4月から平成24年3月)の経済的損失は、物的損失額が約1.8兆円、人的損失額が1.5兆円となっており、あわせて約3.2兆円にものぼっています。

 

 この金額は、自賠責保険および任意保険で支払われた保険金データをもとに、交通事故による経済的損失額をまとめたものですが、近年人身事故件数は年々減少傾向にありますが、経済的な損失額はあまり減少しておらず、毎年3.2兆円を超えており、高止まりの状態が続いています。


 この3.2兆円という金額は、どれほどの大きな金額が想像つきますか?あまり大きすぎてピンとこないと言う人が多いと思いますが、この金額を使うには、どれだけの期間が必要かを考えるとその大きさが実感できると思います。


 たとえば、1日500万円使ったとして、1年間で使う金額は約18億円です。毎年18億円を使って3.2兆円を使い切ろうとすると、約1800年間もかかります。交通事故による経済的損失は、それほどの大きな金額が毎年失われているということをしっかりと肝に銘じて、安全運転を心がけてください。

(シンク出版株式会社 2013.12.4更新)

■「運転における危険回避力をチェックしよう」新発売!

 セルフチェックシリーズ第6弾「運転における危険回避力をチェックしよう」は、運転におけるリスクテイキング(危険敢行性)を知ることで、交通事故防止をはかる参加型教育教材です。

 

 事故の可能性がある場面に出会ったとき、あえて危険な行動を取る傾向がないか、リスクを軽視する傾向がないか、自分がどのようなリスクを犯しやすいか──などをチェックし、運転時に気をつけるべきポイントを知ることができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

12月19日(水)

乗車定員オーバーは危険です いつまでも追越車線を走行し続けない

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。