ブラックアイスバーンに注意

 今年の冬は、厳しい寒さが続く予報ですので、これからも雪道走行の機会が増えてくると思います。
 
 雪道では、スリップしやすいので注意が必要なのですが、一言で「雪道」と言っても路面の状態はいろいろありますので、雪道走行のまず一歩は、雪道路面の違いを知ることが大事です。
 
 雪道のなかでいちばん危険なのは、氷のようになったアイスバーンの路面です。これは、昼間に気温が上昇して雪が解け、夜になって再び気温が下がると、アイスバーンとなります。このようになった路面では、氷の上を走るようなものですから、非常に滑りやすくなっており、絶対に無理な運転は禁物です。
 
 また、同じような路面で「ブラックアイスバーン」と呼ばれるものがあります。「ブラックアイスバーン」は、一見濡れたアスファルト路面のように黒く見えますが、実は路面が薄い氷に覆われている状態になっています。

 

 冷え込みがきつい夜間や早朝などに走行するときには、路面が黒く見えたら「ブラックアイスバーン」だと思って、スピードを落として慎重な運転をしてください。


(シンク出版株式会社 2013.12.27更新)

■運転時にどんなリスクを取りやすいかをチェックしましょう

セルフチェックシリーズ第6弾「運転における危険回避力をチェックしよう」は、運転時にリスクテイキング(危険敢行性)をする傾向を知ることで、交通事故防止をはかる参加型教育教材です。

 

 事故の可能性がある場面に出会ったとき、あえて危険な行動を取る傾向がないか、リスクを軽視する傾向がないか、自分がどのようなリスクを犯しやすいか──などがチェックできます。イラスト入り解説を読むことで、運転時に気をつけるべきポイントを自覚することができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

6月22日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

駐車場・構内における

危険をキャッチしよう

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・安全なプロトラックドライバーを育てるマナーとモラル

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。