スマホの地図を見ながら運転するのはやめよう

スマホにわき見して交通事故
海外でもスマホへのわき見事故が多発

 昨年の8月に、運転中にスマホを見る人が増えており、スマートフォンの画面を見ながら運転する危険性を話しました。

 最近では、スマホの地図を見ながら運転している人も増えてきており、実際に事故が起こっています。


 さる1月6日午後5時55分ごろ、東京都文京区の片側1車線の緩いカーブで、「スマートフォンで地図を見ながら」走行していた乗用車(27歳・男性)が、運転を誤って対向車線のガードレールに激突したところに、対向車線を走ってきたた自転車と衝突し、自転車に乗っていた男性(56歳)がなくなるという事故が起きました。
 
 最近は、事故を起こした運転者のように、カーナビを使用しないで、スマートフォンのナビ機能で十分という人が増えていますので、こうした事故が益々増えていくことが予想されます。

 何度も言うようですが、スマホの地図を見ながら運転するというのは、前方から視線を外しているわけですから、それだけ事故の危険性は格段に上がっていきます。
 しかも、スマホの地図は小さくて見にくいので、注視する時間は長くなりがちですので、それだけ見落としなどの危険が増えていきます。
 車を運転するときは、カーナビはもちろん、スマホの地図を見ながら運転するのは絶対にやめてください。

(シンク出版株式会社 2014.1.9更新)

■「うっかり」事故の防止に努めましょう

●ドライバー事故防止教育に最適─好評発売中!

 冊子式チェックノート「うっかり事故の危険度をチェックしよう」は、うっかり事故の3大要因である「先急ぎ」「わき見・漫然」「思い込み」の危険度をチェックするドライバー向け安全運転指導教材です。

 

 自分がどのようなときに「うっかり」しやすいかをチェックし、具体的に知ることで、ドライバーの自覚を促します。

 

【活用方法はこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月25日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。