規制速度の「終わり」を示す標識を知っていますか?

 道路標識や道路標示には、補助標識が付けられているものが多くあり、本標識の意味、内容を補足しています。
 そのなかで、今日は本標識が示す交通規制の終わりを示す補助標識について考えてみます。


 次のような速度規制の標識のうえに、青い斜め線が入った標識がある場合には、その規制速度が終わることを示しています。ですから、時速50キロの規制はここで終わることになります。


 また、同じように速度規制標識の下に、左矢印が入った補助標識があるときにも、ここで規制していた速度が終わることを示しています。
 路面標示の数字の上に図のようなマークがあるときも、同じ意味です。


 ここで勘違いして欲しくないのは、速度規制が終わったからといって、無制限にスピードを出して走ってよいという意味ではないということです。
 たとえば、最高速度が指定されていない一般道路を走行してる場合には、車の種類によって決められている法定速度を遵守しなければなりません。


 普通乗用車や大型トラックなどは時速60キロですが、原付バイクは時速30キロですので、忘れないようにしてください。


(シンク出版株式会社 2014.1.15更新)

■運転時に「どんな危険をおかしやすいか」チェックしましょう

リスクテイキング

 セルフチェックシリーズ第6弾「運転における危険回避力をチェックしよう」は、運転時にリスクテイキング(危険敢行性)をする傾向を知ることで、交通事故防止をはかる参加型教育教材です。

 

 事故の可能性がある場面に出会ったとき、あえて危険な行動を取る傾向がないか、リスクを軽視する傾向がないか、自分がどのようなリスクを犯しやすいか──などがチェックできます。イラスト入り解説を読むことで、運転時に気をつけるべきポイントを自覚することができます。

  【続きを読む】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

7月18日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

DVD・熱中症はこわくない!

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・安全なプロトラックドライバーを育てるマナーとモラル

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。