人通りが多い所では細心の注意を

 車を運転していて、商店街など人通りが多い場所を走行することがありますね。そういうときに、クラクションを鳴らしたりして歩行者や自転車を邪魔者扱いした経験はありませんか?
 
 運転している立場としては、歩行者が車が来ても知らん顔で歩いていると、クラクションを鳴らして避けてもらおうとする人がいるかもしれませんが、このような場所では自動車が主役ではありません。
 道路交通法第18条第2項には、「車両は、歩行者の側方を通過するときは、安全な(側方)間隔を保持するか、または徐行しなければならない」と歩行者保護が求められています。
 また、道路交通法第70条には「運転者は、道路、交通及び車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない」と安全運転の義務が定められています。
 
 つまり、人や自転車等が混雑する場所を通行するときには、あくまで歩行者は交通弱者の立場にあるということを理解して、相手の立場に立って運転することが求められているのです。
 いちばん大切なことは、そういう場所を通行しないようにすることですが、どうしても通行しなければならないときには、「通らせていただいている」という気持ちを持って運転してください。

 (シンク出版株式会社 2014.2.21更新)

■運転に対する心構えを自己チェックしてみましょう

 自己診断テスト「安全運転の心構えをチェックしよう」は、「交通弱者に対する意識」、「自分自身を律する意識」、「法令遵守の意識」など運転に対する6 つの心構えを診断することができます。運転にあたって、どのような心構えが欠けているかを簡単に診断することができる交通テストです。

【詳しくはこちら】

 

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月21日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。