二段階停止線のある交差点で信号無視をしない

 人間は誰でも、信号待ちの時間が長い交差点では、無理をしてでも渡っておきたいという心理が働きますよね。こうした心理は、先を急いでいればいるほど顕著になるのは、皆さんご存じのとおりです。
 
 無理して交差点を通過しやすい場所は、信号待ちが長い交差点だけではありません。二段階停止線がある交差点でも、無理をして通過しようとする傾向があります。二段階停止線というのは、前方に二輪車用の停止線があり、後方に四輪車用の停止線を設置されており、二輪車の巻き込み事故を防止する目的で始められたものです。
 
 二段階停止線がある交差点では、幅員が広いところが多いので、前方の信号が赤になっても交差道路の信号が青になるまでの時間が少し長めになっているところがあります。こうした交差点では、運転者は交差道路の信号が青になるまでに少し時間があると思い、信号が赤に変わっても無理をして通過しようとするのです。


 無理をして通過しようとするということは、スピードも出ていますし、周りに対する注意も疎かになりがちで、事故の危険性が高くなります。どんな交差点でも、信号無視は絶対にしないでください。

(シンク出版株式会社 2014.4.18更新)

■新入社員教育に最適の交通安全教材

 

セルフチェックシリーズ「交差点事故の危険度をチェックしよう」は「左折」、「右折」、「直進」するときの運転ぶりチェックし、どのような運転の弱点があるかを理解することができる参加型教材です(一般車トラック編があります)。

 

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月27日(水

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。