運転中に意識を失う事故が多発しています!

 最近、バスを中心に、運転中にドライバーが意識を失ったため交通事故が発生したというニュースをよく耳にします。3月3日に北陸自動車道のサービスエリアで発生したバスドライバーと乗客の死亡事故は、大きく報道されたので覚えている方も多いと思います。

 つい最近も福岡市で、午後1時50分ごろ路線バスのドライバーが運転中に突然意識を失って対向車線にはみ出し、対向車と衝突する事故を起こしています。この事故では幸い死傷者は出ていませんが、やはりドライバーの病気が原因と推測されています。

 バスの場合、乗客が巻き込まれるので大きく報道されますが、国土交通省の調査によると、ドライバーが意識を失ったり体調急変により事故を起こすケースは、トラックやタクシーでも多発し、死者数ではむしろバスを上回っています。職業ドライバーでは全体的に増加傾向にあり、とくに脳・心疾患の発作で深刻な事故が発生しています。

 警察庁統計では、発作・急病による交通事故は1年間に平均286件(平成14~23年平均)で決して多くはないですが、死亡事故率が高いのが特徴です。約24%が脳・心疾患、約20%がてんかん、残りの56%は「その他」の様々な病気となっています。

 職業ドライバーに限らず持病を持っている方や健康に不安のある方は、「車の運転ぐらい大丈夫だろう」と軽く考えずに、少しでも体調がおかしいと感じたら運転を控えて医師に相談するよう心がけてください。

運転者の健康状態に起因する事故

(シンク出版株式会社 2014.5.21更新)

■あなたの運転における健康リスクをチェック!

 

小冊子「健康管理と安全運転」は、健康管理を徹底していなかったために発生したと思われる、重大事故等の6つの事例をマンガで紹介しています。

 

各事例の右頁では、垰田和史滋賀医科大学准教授(医学博士)の監修のもと、日々気を付けなければならない健康管理のポイントをわかりやすく解説しています。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月22日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。