「発覚免脱罪」容疑で初の逮捕者

 先日もお伝えしたように、5月20日から自動車運転死傷行為処罰法が施行されています。そのなかに飲酒運転事故を起こした運転者が発覚を逃れて逃走するケースがあとを絶たないことから、こうした行為を罰する「発覚免脱罪」が新たに設けられています。

 さる5月27日、福岡県飯塚市で無免許で飲酒運転をして事故を起こしたあと、飲酒運転を隠す目的で逃走した運転者(男性・40歳)が、法律施行後初めて「発覚免脱」などの疑いで逮捕されました。


 報道によりますと、今月20日、運転者は去年9月に飲酒運転で運転免許を取り消されているにもかかわらず、同僚の家や飲食店などで酒を飲んだ後、同僚に車を借りて帰宅する途中に対向車線を逆走して軽乗用車と衝突し、運転者(女性・24歳)に軽いけがをさせましたが、飲酒運転であることを隠す目的で逃走していたものです。

 「発覚免脱罪」の法定刑は、12年以下の懲役となっていますが、無免許運転の場合は15年以下の懲役と、さらに刑が重くなります。飲酒運転はもちろんですが、その発覚を逃れるために逃走するなど、絶対にあってはなりません。

 

(シンク出版株式会社 2014.5.30更新)

■交通事故に陥りやすい健康リスクをチェック!

小冊子「健康管理と安全運転」は、健康管理を徹底していなかったために発生したと思われる、重大事故等の6つの事例をマンガで紹介しています。

 

各事例の右頁では、垰田和史滋賀医科大学准教授(医学博士)の監修のもと、日々気を付けなければならない健康管理のポイントをわかりやすく解説しています。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

4月24日(火)

飲酒運転をすれば仕事を失います ・雨の夜間は左端を走行している自転車に注意

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

運行管理者のための

ドライバー教育ツールPart3

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・トラック運転者のための

安全運転のポイント

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。