動き出した車は人の力では止められません

トラックに挟まれる

 以前もお話しましたが、パーキングブレーキのかけ方が甘いと、傾斜がある場所で車が動き出すことがあります。AT車の場合はPレンジに入れておけばパーキングブレーキをひかなくても車は動かないはずですが、これも絶対ではありません。トラックなどMT車ではパーキングブレーキをきちんとかけることが非常に重要です。

 ただし、うっかりミスをして車が動き出した場合、絶対に自分で止めようとしないことです。

 さる6月27日にも、パーキングブレーキのかけ方が甘かったことが原因と思われる事故が発生しました。岐阜県垂井町のコンビニエンスストア駐車場で、駐車中の大型トラックが無人のまま動き始めたのです。トラックの運転者(46歳男性)は自車の動きに気がついて車を止めようとして駆け寄り、結果的にトラックに押し出されて道路の電柱と車の間に挟まれて死亡しました。

 トラックに限らずたとえ軽乗用車であっても、動き出した車を人間1人の力で止めるのは困難ですが、ついとっさに止めに入ろうとしてしまい、車にひかれて死傷する運転者が少なくありません。

 動き出したら絶対自分の力では止められないということを肝に銘じて、車を降りる前に停止措置を徹底してください。

(シンク出版株式会社 2014.7.7更新)

構内事故防止教育に最適の小冊子

 小冊子「構内事故の危険に気づこう!」は、構内事故が起こりやすい状況を示した6場面のイラストを見て、設問に回答してもらう参加型教材です。

 

 ドライバー自身が日頃の運転習慣やヒヤリ・ハット体験などを思い起こすことにより、構内事故を起こす危険に気づいて頂くことができます。

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

4月20日(金)

サイト内検索
運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。