子どもが信号無視をしても運転者に5割の責任

 皆さんは、交差点を青信号で進行しているときに、歩行者が信号無視をしてきて衝突した場合、自分はどの程度の責任を負うと思いますか?

 多くの人は、相手が信号無視をしたのだから、ほとんど責任を負うことはないと考えていると思います。もしかしたら、過失はまったくないと考えている方もおられるのではないでしょうか。
 
 しかし、交通事故の損害賠償における過失相殺では、歩行者が赤信号を無視し横断してきた場合でも、ドライバー側の前方を注視する義務は免れませんから、ドライバー側の過失割合は30%になるのが基本です。
 
 さらに、相手が交通弱者の場合には、ドライバー側の責任はさらに重くなります。たとえば、高齢者の場合には、10%の過失が加算され40%になりますし、相手が6歳未満の幼児の場合には、ドライバー側の注意義務がさらに重く見られ、20%が加算され、過失割合は50対50にもなります。
 
 子どもが信号無視をしてきて「もらい事故」だと感じた事故でも、過失はほぼ5分5分の責任となります。交差点を通行するときに、子どもがいたら十分に注意して走行してください。

 

(2014.7.23更新 シンク出版株式会社)

 ※過失割合は「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準(別冊判例タイムズ38)」を参照しました

■「もらい事故」は仕方のない事故ではありません

 小冊子「もらい事故でもこれだけの過失がある」は、相手の信号無視や飛出しなどでも、過失が発生し多額の損害賠償責任が生じた事例を紹介しており、「もらい事故」は決して仕方のない事故ではないことを解説しています。

 

「もらい事故」をもらわないための、安全運転教育に役立つ教育教材です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

4月27日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

運行管理者のための

ドライバー教育ツールPart3

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・トラック運転者のための

安全運転のポイント

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。