高速道路の路肩で休憩するのは危険です

高速道路の路肩停止車へ追突

 高速道路では、事故や故障などやむを得ない場合を除いて路肩で停止することは禁止されています。このことは、運転免許を所持している人なら誰もが理解していることだと思います。

 ところが、運転免許をとってから車を運転する機会が少ない人や高速道路を走行する機会が少ない人など、ルールを忘れてしまうこともあります。
 さる7月27日午前6時40分ごろ、兵庫県篠山市の舞鶴若狭自動車道の下り線で、路肩に止まっていた乗用車に大型トラックが追突し、乗用車に乗っていた1人が意識不明の重体、2人がむち打ちなどの軽傷を負う事故がありました。

 乗用車に乗っていたのは20歳前後の男性5人で、友人同士で京都府の日本海へ海水浴に向かっている途中に、休憩のために路肩に停車していたということです。

 若者たちは、一般道路と同じ感覚で運転に疲れたから、路肩に止まって休憩しようと軽く考えていたかもしれませんが、高速道路の路肩ほど危険なところはありません。
 
 このコーナーで何度も取り上げていますが、高速道路の路肩に停止している車に後続車が追突する事故が後を絶ちません。
 路肩に停止して休憩するのは非常に危険です。休憩するならSAやPAでしてください。

 (シンク出版株式会社 2014.7.30更新)

■自分が起こしやすい事故パターンを知ろう

 ドライバーによって、運転行動のクセなどにより右折事故を起こしやすい人や追突事故を起こしやすい人がいます。

 「起こしやすい事故パターンをチェックしよう」は、自分自身がどんな事故を起こしやすいかを、質問にハイ・イイエで答えることで、知ることができる自己診断テストです。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月26日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。