「駐禁除外指定車標章」を不正に使用しない!

 身体に障害がある人が車に乗って買い物に行くときなど、車の前に「駐車禁止除外指定車標章」を掲示すれば、駐車禁止区間でも車を路上に駐車することができます。

 これは、身体障害者が介護や通院などで車を利用することを想定して、利便を図っている制度ですが、最近「駐車禁止除外指定車標章」を不正に使った駐車違反が急増しています。

 不正の大半は、「駐車禁止除外指定車標章」の交付を受けた障害者の家族が、障害者を乗せることなく、自分のために買い物をしたり飲食をする際に利用するケースです。取締りを受けた際に、障害者は乗っていないことが多く、標章を掲示していても一般のドライバーと変わらず、駐車違反として反則切符を切られてしまうのです。

 また、こうした違反をする人の大半は、「駐車禁止除外指定車標章」を掲示していれば、どこにでも止められると勘違いして駐車しているのですが、当然どこに止めてもよいわけではありません。

 交差点やその前後5m以内、踏切やその前後10m以内、曲がり角から5m以内など、他の交通を著しく妨げるような場所では、駐車禁止の除外が適用されません。いずれにしても標章を不正に使用して、わが物顔で路上駐車するのは絶対にやめてください。

 

(シンク出版株式会社 2014.8.12更新)

■出会い頭事故の危険に気づいて事故を防ぎましょう

小冊子「自分で気づこう!!出会い頭事故の危険」は、出会い頭事故の発生する要因を6つに分類し、それぞれの要因別に事故事例とデータを紹介しています。

 

また事例に関連した設問を設定していますので、自分自身にどういった出会い頭事故の危険が潜んでいるかを気づいていただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

4月24日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

運行管理者のための

ドライバー教育ツールPart3

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・トラック運転者のための

安全運転のポイント

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。