横断歩道の手前でしっかり止まっていますか?

 皆さんは、前方に横断歩道があると気づいたとき、横断しようとする人がいたら、きちんと停止して道を譲っていますか?
 横断歩道で観察してみると、多くの車が歩行者が待っていることに甘えて通過し、止まる車は少数派です。


 道路交通法では、横断歩道に歩行者等がいるときには、「その手前で一時停止して歩行者の通行を妨げないようにしなければならない」と定められています。

 横断歩行者がいても止まらない癖があると、いつか事故に結びつくと思います。

 交通事故総合分析センターの調査によると、横断歩道を横断中に歩行者が死亡するケースでは、被害にあう歩行者は圧倒的に高齢者であり(60歳以上が86%)、時間帯では薄暮時が多いそうです。

 ドライバー側の要因をみると、ほとんどは歩行者の見落としであり、交差点や単路で右側から横断する人を見落とすケースが目立っています。また、交差点を右折後に、右折先横断歩道を横断してきた歩行者を見落とす事故も少なくありません。
 「横断しようとする歩行者の安全確認をしないことが習慣化している」ドライバーが事故を起こしていると同センターでは警鐘を鳴らしています。

 横断歩道では、歩行者を探してしっかり止まることを習慣化してください。

 

(シンク出版株式会社 2014.8.15更新)

■青信号でも歩行者をはねたら大きな過失が発生します

  「信号無視の歩行者だ!」自分が交通事故に巻き込まれたと思ったら、過失割合が重く、思わぬ損害賠償を請求されることが……。

 

 「もらい事故でもこれだけの過失がある」は、たとえ「もらい事故」と思われるような事故でも、実際には大きな過失割合が発生することを学ぶとともに、高額の損害賠償が生じた判例を紹介しています。

 

 「もらい事故だから仕方がない!」という意識を改め、事故防止の重要性を学ぶ教材です。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

11月24日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。