精神安定剤を飲んだら絶対に運転しない

 今世間で話題となっている危険ドラッグを吸って運転し、人身事故を起こした場合には「危険運転致死傷罪」に問われることはご存じだと思います。
 では、人身事故を起こさずに物損事故だったら、どうなるでしょうか。
 この場合は、「危険運転致死傷罪」ではなく「過労運転等禁止違反」に問われます。
 危険ドラッグなのに、過労運転等禁止違反というと何か変な感じがしますが、道路交通法第66条には「何人も過労、病気、薬物等の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれのある状態で車両等を運転してはならない」と定められており、危険ドラッグは薬物の影響に該当します。
 
 危険ドラッグだけではなく、どんな薬物でもそれを服用した結果、正常な運転ができない状態となれば、当然過労運転等の禁止の対象となります。
 さる9月4日夜、熊本市南区の国道で乗用車が蛇行運転をしてガードパイプに衝突する事故がありました。運転していた男性は足元もおぼつかない状態で「薬を飲んだ」と話しており、車の中からは精神安定剤の薬の殻が見つかったため、警察は男性を「過労運転等禁止違反」の疑いで現行犯逮捕しました。
 「精神安定剤」を飲んだときには、絶対に運転しないでください。

 (シンク出版株式会社 2014.9.12更新)

■重大事故に陥りやすい健康リスクをチェック!

小冊子「健康管理と安全運転」は、健康管理を徹底していなかったために発生したと思われる、重大事故等の6つの事例をマンガで紹介しています。

 

各事例の右頁では、垰田和史滋賀医科大学准教授(医学博士)の監修のもと、日々気を付けなければならない健康管理のポイントをわかりやすく解説しています。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

9月26日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
トラック DVD 事故防止 映像教材

新作DVD

やっていますか?安全点呼

 

>> 詳しくはこちら

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。