自転車は一時停止しないと考えておこう

 車に乗って幹線道路などを走行していると、路地から出てくる自転車がほとんどスピードも落とさず、進入する道路への安全確認もせずに合流してくることがあり、本当にびっくりすることがあります。とくに、高齢者の自転車はほとんど止まりませんね。
 
 このほど、大阪府警が府内の自転車を利用する65歳以上の高齢者に聞き取り調査を実施した結果をみますと、「自転車に一時停止の標識は関係あると思うか」という設問に対し、1014人中209人(20・6%)が「思わない」と回答しています。


 自転車走行中に「車の方が止まってくれると思うか」という設問に対しては、259人(25・5%)が「思う」と答えるなど、4人に1人が車のほうが止まってくれると思っていることがわかりました。


 また、聞き取り調査と同時に、交差点4か所で高齢者の自転車マナーを調査したところ、信号を守っているかを調べた交差点では、1276人中514人(40・3%)が信号を無視しており、一時停止の有無を調査したの交差点では、581人中260人(44・8%)が一時停止をしていませんでした。
 
 住宅街などを走行するときには、高齢者に限らず自転車は一時停止をしないことが多いと考えて、慎重な運転をお願いします。

(シンク出版株式会社 2014.9.24更新)

■対自転車事故を防止するための小冊子

 小冊子「軽く考えていませんか?自転車事故!」は、自転車事故の代表的な事例を6つ取り上げ、ドライバー、自転車利用者双方にどのような過失があったかを考える形式になっています。

 事故の原因と過失の大きさを知るとともに、双方の不安全行動が事故に結びついていることを理解することができます。

 ドライバーはもちろん自転車利用者の教育にも最適の教材となっています。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

11月13日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。