深夜の点滅信号交差点では出会い頭事故に注意!

赤点滅信号

 深夜に交通量が少なくなる信号交差点のなかには、点滅信号に切り替わるところがあります。
 こういう交差点では、一方の道路側が黄点滅になれば、交差する道路側は赤点滅になっています。


 点滅信号の意味については、改めて説明をするまでもありませんが、「黄点滅信号」が「他の交通に注意して進行することができる」となっており、「赤点滅信号」が「停止位置で一時停止し、安全確認をしたのち、進行することができる」となっています。
 
 しかし、深夜ともなれば交通量も少なくなっており、なかなか信号が守られていないのが現状です。
 さる9月19日午前3時半ごろ、奈良県河合町の交差点で、赤色の点滅信号で交差点に進入してきたオートバイと、黄色の点滅信号で進入してきたゴミ収集車が出会い頭に衝突し、オートバイの男性が死亡する事故がありました。

 赤点滅信号側の車は、一時停止をしなければならないことは分かっていると思いますが、交通量が少なかったりすると、どうしても「交差道路から来る車はいないだろう」と一時停止しないで交差点に進入しがちになります。


 深夜の点滅信号交差点では、赤点滅信号側の車が一時停止をすることはもちろんですが、黄点滅信号側でも交差道路から一時停止せずに進入してくる車があることを予測しておきましょう。 


(シンク出版株式会社 2014.9.29更新)

■出会い頭事故の危険に気づいて事故を防ぎましょう

小冊子「自分で気づこう!!出会い頭事故の危険」は、出会い頭事故の発生する要因を6つに分類し、それぞれの要因別に事故事例とデータを紹介しています。

 

また事例に関連した設問を設定していますので、チェックすることにより、自分自身にどういった出会い頭事故の危険が潜んでいるかを気づいていただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

12月17日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。