濡れ落ち葉によるスリップに注意しよう

 場所によってはすでに紅葉が始まり、道路の落ち葉なども目立ってきました。
 この時期に雨が降ると、道路脇に堆積した落ち葉で路肩が滑りやすくなっているので、とくに二輪車や自転車では注意が必要です。
 四輪車は大丈夫だろうと感じるかも知れませんが、近くに二輪車などがいる場合は警戒しましょう。

 最近もこんな二輪車のスリップ事故が発生しています。
 さる10月2日午後8時ごろ、熊本県市北区の幅員約3.5mの路上で、対向車を避けようとした二輪車のライダー(21歳男性)が路肩へ寄ったとき、スリップしてバランスを崩し縁石に接触、転倒して道路に投げ出されたところを対向車にひかれて死亡しました。
 当時、事故現場付近は雨が降っていて路肩には落ち葉が堆積し、スリップしやすくなっていたということです。

 以前、ドイツの運転者向け危険予測問題に落ち葉の積もった道路の写真があるのを見たことがあります。自車や対向車のスリップを予測させるものでした。日本でも、山道のカーブや並木道ではよく落ち葉が堆積しています。
 落ち葉を見たらスリップの危険を予測し、スピードを落として走行する意識を持ってください。


(シンク出版株式会社 2014.10.14更新)

■起こしやすい事故パターンをチェックしよう

 ドライバーによって、運転行動のクセなどにより出会い頭事故を起こしやすい人や追突事故を起こしやすい人がいます。

 

 「起こしやすい事故パターンをチェックしよう」は、自分自身がどんな事故を起こしやすいかを、質問にハイ・イイエで答えることで、知ることができる自己診断テストです。 

【詳しくはこちら】

朝礼

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

10月23日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。