堤防道路では、すれ違い時の転落に注意しよう

 川の多い地区では、堤防道路を走行すると便利なことがあります。信号は少ないし距離を稼ぐこともできます。ところで、堤防道路はセンターラインのない場所が多いのですが、これは何故だか知っていますか?

 河川堤防は通常、天部の幅員(天端幅)が6mあればよいことになっています。幅6mの天部を道路にするとき、両側に路肩をとってさらに中央にラインを引くと、道路の片側が2.5m以下になってトラックやバスが通行ができない車線になってしまうので、センターラインを引けないのです。

 この狭い堤防道路で、トラックが関係したすれ違い時の衝突・転落事故が目立っています。堤防道路では路肩が気になるので通常は対向車側にまたがって走行しがちですが、トラックなど大きな車を避けようとするときハンドル操作を誤ったり、トラック自身が慌てて路肩に寄ろうとして転落するのです。

 堤防道路は狭くて危険な場所であるということを念頭におき、狭い場所ですれ違うときには速度を落として慎重に行動しましょう。


 また、多くの堤防道路は堤防の構造を保護する意味もあり大型貨物車の通行禁止規制が敷かれていますので、トラックなど大型車を運転する人は、センターラインのない堤防道路を走らないように心がけてください。


(シンク出版株式会社 2014.11.4更新)

■運転中に陥りやすいリスクを具体的に知ることができます

 セルフチェックシリーズ第6弾「運転における危険回避力をチェックしよう」は、運転時にリスクテイキング(危険敢行性)をする傾向を知ることで、交通事故防止をはかる参加型教育教材です。

 

 事故の可能性がある場面に出会ったとき、あえて危険な行動を取る傾向がないか、リスクを軽視する傾向がないか、自分がどのようなリスクを犯しやすいか──などをチェックし、運転時に気をつけるべきポイントを自覚することができます。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月22日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。