バイクに追従するときも十分な車間距離を

 皆さんは、車を運転しているときに前にバイクが走行していたら、四輪車と同じように車間距離をとっておられるでしょうか?前車が四輪車のときと同じように、車間距離をとっていると答えられる人は意外と少ないのではないでしょうか?

 これにはいろいろな要因があると思いますが、一つはバイクがすぐに車線を変えることがあると思います。バイクとの車間距離を少々詰めて走っていても、すぐに車線を変えて他に行くだろう、このまま長い時間走行することはないだろうと油断しているような気がします。

 もう一つは、バイクの車体が小さいため後続の四輪ドライバーはバイクの存在を軽視しがちになることです。

 前にいる車が四輪車の場合には、前車との車間距離をキチンととるのですが、その間にバイクが入ってくるとバイクの存在を無視して前にいる四輪車との距離しか見ていないようことがあります。そのため、どうしてもバイクとの車間距離が短くなってしまうのです。
 
 万が一、前方を走るバイクが転倒した場合、追突すると四輪車と違って、相手に大きなダメージを与えることになります。取り返しのつかないことにもなりかねませんから、前方にバイクが走行しているときには、意識して車間距離を大きくとるようにしてください。

(シンク出版株式会社 2014.11.12更新)

■ドライバーに納得して安全運転をしてもらうヒントを紹介(新刊)

 本書は、管理者の皆様方がドライバーの方々を指導される際に、ドライバーの方々に納得していただき、安全運転に導くためのヒントが得られる6つの事例を紹介した、管理者のための参考書です。

 

 各事例はマンガでわかりやすく紹介していますので、気軽に読むことができ、日々の指導業務の参考にしていただけます。

【商品詳細へ】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

8月20日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・安全なプロトラックドライバーを育てるマナーとモラル

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。