ドアを開けるときは自転車に注意

 さる11月25日、京都市の市道で停車中の軽トラックのドアを開け、脇を自転車で通った高校2年の男子生徒に全治1週間のけがを負わせて逃走していた運転者が逮捕されるという事件がありました。


 事故が起きたのは10月22日午後8時半頃で、辺りは暗くて後続の自転車が発見しにくい状況なので、より慎重にドアを開ける必要がありました。

 運転免許を取得する際には、車を路上に止めてドアを開けるときには、後ろから車が来ていないかどうか確かめるように指導されているはずですが、急いでいたりするとすっかり忘れてしまい、停止すると同時にドアを開けてしまうことも少なくありません。

 路上に止めて何気なくドアを開けたとき、その横を自転車やバイクが猛スピードで通過していってビックリしたという経験は誰でも持っていると思います。
 このとき事故になるかならないかの違いは、単に運がよかったか悪かったかの違いだけかも知れません。
 
 こうした事故を防止するには、ドアを開けるときには必ず後方を見るという習慣をつけるしかありません。車が止まったらすぐにドアを開けるクセがある人は、すぐに改めてください。同乗者が降りるときにも同様に注意してください。


(シンク出版株式会社 2014.11.28更新)

■ドライバーの心をつかむ指導のヒントを紹介

■マンガで読むドライバー指導のヒント集

  本書は、管理者の皆様方がドライバーの方々を指導される際に、ドライバーの方々に納得していただき、安全運転に導くためのヒントが得られる6つの事例を紹介した、管理者のための参考書です。

 

 各事例は会話調のマンガでわかりやすく紹介していますので、気軽に読むことができ、日々の指導業務の参考にしていただけます。

 

 

【商品詳細へ】


今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

5月22日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

運行管理者のための

ドライバー教育ツールPart3

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・トラック運転者のための

安全運転のポイント

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。