「しみる」道路に気をつけてください

 ここのところ、冷え込みがきつく朝晩の運転が心配ですね。

 

 以前、岐阜県で仕事をしていたころ、地元警察の方に、「今日はどえらい冷えたのぅ。明日の朝は道路がちーとしみるかもしれんので、気をつけて」などと言われて、思わず「しみるってどういう意味ですか?」と聞き直したことがあります。

 「しみる」とは岐阜や長野の人がよく使う方言で、「冷えて凍る」という意味だそうです。雪などが降っていなくても、川沿いの道や橋の路面など水分の多い場所では、気温が下がった翌朝は、うっすら凍っている危険が多いことを土地の言葉で伝えようとしてくれたのです。


 東北や北海道の方だと「しばれる」と言うのでしょうか。近畿の北部では「いてる」という言葉もよく聞きましたが、しみるという言葉からは、霜が降りてうっすら凍っているというイメージがよく伝わってきました。

 この話を聞いた翌朝、山沿いの道のカーブは凍っていないかな、橋の上は大丈夫だろうか、などと気にしながら運転したので、随分スピードは控えめになりましたが、おかげで慎重な安全運転ができたと思います。

 皆さんも冷えた日の翌朝は、こうした「しみる」道路でのスリップの危険をイメージして、十分気をつけて走行してください。


(シンク出版株式会社 2014.12.8更新)

■マンガでわかる「ドライバー安全指導の指南書」が登場

■ドライバーの心をつかむ指導のヒント集

  本書は、管理者の皆様方が安全運転指導をされる際に、ドライバーの方々に納得していただき、安全運転に導くためのヒントが得られる6つの事例を紹介した、管理者、指導者のための参考書です。

 

 各事例は会話調のマンガでわかりやすく紹介していますので、気軽に読むことができ、日々の指導業務の参考にしていただけます。

 

 

【商品詳細へ】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

4月27日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

運行管理者のための

ドライバー教育ツールPart3

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・トラック運転者のための

安全運転のポイント

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。