駐車車両の向こうから右側通行をしてくる自転車に注意

 片側1車線道路を走行しているときに、前方左端に車が停止していると、その側方を通過するときには結構神経を遣います。


 駐車車両から運転者などが降りてこないか、車両の死角から歩行者などが横断してこないかなど、注意しなければならないところはたくさんあります。
 
 そんな状況で、少しヒヤッとした経験をお話したいと思います。片側1車線道路で、前方左に大型トラックが停止していました。車体が大きく前方左側に大きな死角があり、そこから歩行者などの飛出しを注意しながら運転していると、トラックの前方死角から自転車がこちらに向けて走行してきました。


 こちらはスピードを落としていたので、あまり危険な感じはせずにすぐにブレーキを踏んだのですが、その自転車はスマートフォンを見ながら運転しており、車が来ていることをまったく気にする様子もなく通り過ぎて行きました。
 
 自転車は本来左側通行をしなければなりませんが、右側を通行してくる自転車が後を絶ちません。左側に停止車両など障害物が何もなければ、右側通行してくる自転車も発見しやすいのですが、駐車車両がある場合には十分に気をつけてください。


(シンク出版株式会社 2014.12.8更新)

■対「自転車」事故防止に最適の指導教材

 

 「軽く考えていませんか?自転車事故!」は、四輪車が自転車と衝突する事故について、代表的な6つの事例を取り上げています。

 事例ごとにドライバーはもちろん、自転車利用者にどのような過失があったかを考え、どういった不安全行動が事故に結びついたかを解説していますので、対自転車事故防止教育に最適な教材となっています。

 

 また、自転車の過失割合についても触れていますので、自転車通勤の従業員教育にも活用できる教材です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

12月17日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。