高速道路の出口を間違えたら無理をしない

 高速道路を走行しているときに、目的地の出口インターを危うく通過しそうになり、後続車に迷惑をかけながら強引に出たという経験はありませんか?

 こういう場合には、たいてい追越車線を走行しているときが多いですね。

 出口インターがすぐそこに迫ってきて、走行車線に移ろうとしたら、後続車が次々に来ていてなかなか車線変更できずにどんどん出口インターが近づいて、半ば強引に車線変更するいうパターンが多いのではないでしょうか。

 それでも、上手く出口インターに出られればよいのですが、なかには失敗して本線と出口へ向かう道路の間にある分離帯に衝突する車もあります。衝突しないまでも、急なハンドル操作によって車が横転することもあります。

 いずれにしても、ハイスピードで走行している高速道路では目的地の出口を過ぎそうになって、慌ててハンドルを切ったりするのは危険です。コントロールを失って事故につながりやすくなりますので、絶対にしないでください。

 万が一、出口を通り過ぎそうになったら、決して無理をせず次のインターまで行って引き返すようにしてください。高速料金がもったいないからと無理をすると、事故を起こすことになります。

(シンク出版株式会社 2015.1.7更新)

■ドライバーの心をつかむ指導のヒントを紹介

 本書は、管理者の皆様方がドライバーの方々を指導される際に、ドライバーの方々に納得していただき、安全運転に導くためのヒントが得られる6つの事例を紹介した、管理者のための参考書です。

 

 各事例は会話調のマンガでわかりやすく紹介していますので、気軽に読むことができ、日々の指導業務の参考にしていただけます。

 


【商品詳細へ】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月25日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。