高速道路を出るときは十分に減速しよう

 高速道路を長時間走行していると、だんだんとスピードに慣れてきて感覚が麻痺し、少々スピードが出ていても「速い」と感じなくなります。
 そのため、高速道路から出て出口に向かうとき、減速車線からランプウエイに進入したときに十分にスピードが落ちていなくて、ランプウエイのカーブを曲がり切れないといった事態になることがあります。
 
 さる1月8日、熊本市の九州自動車道植木インターチェンジの出口付近の左カーブで、本線から料金所に向かっていた中型トラックがガードレールを突き破って横転し、運転していた男性が死亡する事故がありました。
 事故の原因はわかりませんが、ブレーキ痕がなかったということですから、おそらくランプウエイを走行するときにスピードを出し過ぎていたために、カーブを曲がり切れなくてガードレールに突っ込んだのではないかと思われます。
 
 高速道路から出るときには、自分では十分にスピードを落としたつもりでも落ちきっていないことがよくあります。ランプウエイに入ったときにはスピードがどれくらいかをスピードメーターで確認する習慣をつけてください。

(シンク出版株式会社 2015.1.16更新)

■教育用DVD「ハイウェイで まさか!~高速道路に潜む危険~」

 高速道路では、さまざまな『まさか』の事態が発生します。突然のパンク、逆走車やいないはずの歩行者との遭遇など、まったく予想もしない事態によって重大な事故を引き起こすことがあります。

 

 このDVDでは、模範ドライバーが高速道路を走行する上で常に心がけている安全運転のポイントを、図解や実験映像なども織りまぜてわかりやすく示します。 

 運転者の皆さんが初心にかえり、高速道路での事故防止に努めていただくことを目的に制作しました。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

11月20日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。