スタッドレスタイヤは4輪全てに装着を

 雪道走行に欠かせないスタッドレスタイヤは、4輪全てに装着するのが当たり前と思っていたのですが、なかには駆動輪だけしか装着しない人もいるようです。

 そのため、国土交通省ではスタッドレスタイヤを駆動輪の2本だけしか装着していないと、スリップ事故などを起こすおそれがあるとして、スタッドレスタイヤは4本全てに装着するように呼びかけています。
 
 国土交通省が行った実験では、雪道を時速60キロで走行中にブレーキをかけた場合、駆動輪の2本だけにスタッドレスタイヤを装着しているだけだと、4本全てに装着している場合と比べて制動距離がかなり延びています。


 また、カーブを走行する実験では、FF車(前輪駆動車)でスタッドレスタイヤを前輪の2本だけに装着した場合では、夏用タイヤを装着している後輪が滑ってスピンして曲がれませんでした。FR車(後輪駆動車)でスタッドレスタイヤを後輪の2本だけに装着した場合では、夏用タイヤの前輪が滑って外側にコースアウトしています。
 
 発進時や直線走行時などではそんなに差がでないのですが、制動時やカーブ走行時には確実に差が出ます。スタッドレスタイヤは駆動輪だけでなく全てのタイヤに装着するようにしてください。
 (参照)国土交通省自動車局審査・リコール課
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001852.html


(シンク出版株式会社 2015.2.6更新)

■酒気残りによる飲酒運転の危険を意識していますか?

 いわゆる二日酔いのときや、少し仮眠したから大丈夫と思って車を運転し、飲酒運転に陥る事例が後を絶ちません。

 

 小冊子・「『酒気残り』による飲酒運転を防ごう」は、川崎医療福祉大学の金光義弘特任教授の監修により、酒気残りのアルコールが身体に与える影響や、本人の自覚と実際のアルコール含有量のギャップなどを紹介しており、「酒気残り」による飲酒運転の危険をわかりやすく理解することができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

4月20日(金)

サイト内検索
運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。