死亡事故を起こす人は違反率が高い

 過去のいろいろなデータをみると、交通違反をする人ほど交通事故を起こしやすいことがわかっています。

 このほど大阪府警が分析したデータでも、死亡事故を起こした人の4人のうち3人は交通違反歴があることがわかりました。

 平成24年からの3年間に大阪府内で発生した車やバイクによる死亡事故を起こした運転者594人のうち、過去に違反歴があったのは436人で73.4%も占めていたのです。

 違反歴の内容をみてみると、「駐停車違反」を除いた違反歴は1192件ありましたが、そのなかでいちばん多かったのは「速度違反」で320件(26.8%)あり、次いで「信号無視」が234件(19.6%)、「シートベルト非着用」が226件(19%)、「携帯電話使用」が94件(7.9%)の順になっています。

 これらの違反をみると、事故を起こしている運転者はどちらかといえば自分勝手な運転行動をしがちな人という感じがしますね。

 違反をするということは、それだけ交通ルールを守ろうとする順法意識が薄いということです。事故を起こさないようにするためには、まず交通ルールを守ることが大前提と言えます。

(シンク出版株式会社 2015.2.26更新)

■交通違反を防止するための自己診断テスト

 「交通違反のリスク診断」は、セルフチェック形式で違反傾向を知ることができる交通違反防止のための教育教材です。

 56の質問に「ハイ、イイエ」で答え、「スピード違反」や「通行区分違反」「駐停車違反」など、どのような違反を犯す危険性が高いかを知ることができます。

 

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月25日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。