交差点で強引な右折をしない

 さる3月18日午後10時40分過ぎ、新潟市内の交差点を直進していた路線バスと、対向車線から右折しようとした普通乗用車が衝突する事故がありました。

 交差点では直進車が優先ですので、右折をした乗用車が、バスの前を強引に右折をしようとしたことが事故原因になったことは間違いないと思います。

 一般的に、交差点に直進車が近づいてときに、右折しようとするドライバーは、直進車のスピードや位置などを総合的に判断して、先に右折できるかどうかを判断します。

 そのとき、直進車がどういう種類の車であるかということも、右折ドライバーの判断に大きな影響を与えます。
たとえば、この事故のように路線バスの場合には、乗客を乗せていますので、あまりスピードを出さないという判断が働けば、バスが近づく前に右折してしまおうと考えがちになります。

 また、事故が起きた時刻が夜間であったことも、判断を狂わせたと考えられます。夜間は周囲があまり見えませんので、バスがいる位置やそのスピードが分かりにくいのです。

 どんなことがあっても、交差点では強引な右折をしないようにしてください。


(シンク出版株式会社 2015.3.24更新)

■交差点での危険度をチェックできる小冊子


セルフチェックシリーズ「交差点事故の危険度をチェックしよう」は「左折」、「右折」、「直進」するときの運転ぶりチェックし、それぞれにおける運転の問題点を理解することができる参加型教材です(一般車トラック編があります)。


【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

11月22日(水

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。