対面通行の高速道路では対向車線へのはみ出しに注意

 高速道路では、一般的に中央分離帯が設置されており、上り線と下り線が分離されています。ところが、暫定的に片側1車線で対面通行で開通している高速道路もあります。

 こういうところでは、中央分離帯の代わりにセンターポールなどが立っているだけですので、運転者がわき見をしたりするとセンターラインを越えて対向車線にはみ出し、対向車と正面衝突する事故が少なくありません。

 さる3月26日、島根県の浜田自動車道の片側1車線道路で走行中のトラックが対向車線にはみ出し、対向車線を走行していたマイクロバスと正面衝突し、バスの運転手が死亡、乗客1人が意識不明の重体になる事故がありました。

 高速道路各社でも、センターラインオーバーを防ぐために、センターポールの改良や路面標示によるスピード抑制策など、いろいろな対策を実施していますが、もちろんこれだけで正面衝突事故がなくなるわけではありません。

 事故防止の主体は、あくまでドライバー自身です。片側1車線の対面通行の高速道路では、集中力を高めて、わき見などをしないように運転してください。

(シンク出版株式会社 2015.3.31更新)

■あなたの運転知識は間違っていませんか?

小冊子「大丈夫?あなたの運転知識」は、勘違いしやすい交通ルールや、運転知識をQ&A形式でチェックし、正しい運転知識を身につけられる交通違反、交通事故防止のための教育教材です。

 

※監修

 信田正美(元・岐阜県警察本部交通部管理官)

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

4月20日(金)

サイト内検索
運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。