花見シーズン、飲酒運転に注意

 さる3月27日、花見や歓送迎会などのシーズンに入りお酒を飲む機会が増えることから、警視庁では都内97か所で飲酒運転の一斉検問を行い、酒気帯び運転の疑いなどで2人が逮捕、5人が摘発されたというニュースがありました。

 このところの暖かさで、日本各地で桜の花の満開宣言などが発表されており、これから花見シーズン真っ盛りとなります。

 桜の木の下で花を愛でながら仲間と飲食するのは、本当に気持ちがよいものです。しかし、いくら気分がよくても飲酒運転だけは絶対にしないようにしてください。飲酒運転で事故でも起こせば、楽しい時間が台無しになってしまいます。

 花見では酒がつきものですから、車では絶対に行かないようにしてください。最初は飲むまいと決めていても、気分がよいとつい「ちょっとだけならよいか」とか、「少し休憩したら覚めるだろう」などと自分勝手な思い込みをして、酒を飲んだりすることがあります。

 たとえ少量の酒でも、体内からアルコールがなくなるのは相当の時間がかかるということは、これまでも述べてきたとおりです。

 それから、翌朝に車の運転をする人は、飲み過ぎにも注意してください。酒気残りによる飲酒運転の危険もありますので。

(シンク出版株式会社 2015.4.1更新)

■酒気残りによる飲酒運転の危険を知っていますか?

いわゆる二日酔いや、少し仮眠したから大丈夫と思って車を運転し、飲酒運転に陥る事例が後を絶ちません。

 

小冊子「『酒気残り』による飲酒運転を防ごう」は、川崎医療福祉大学の金光義弘特任教授の監修のもと、酒気残りのアルコールが身体に与える影響や、本人の 自覚と実際のアルコール含有量のギャップなどを紹介しており、「酒気残り」による飲酒運転の危険をわかりやすく理解することができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

4月20日(金)

サイト内検索
運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。