駐車違反を繰り返すと大変なことになる

 先日、違法駐車を繰り返していた名古屋市の飲食業男性に対して、違反金と延滞金を合わせた207万4700円を強制徴収したという報道がありました。

 

 男性は平成18年8月から平成26年6月までの7年10か月の間、名古屋市の繁華街の路上に乗用車2台を繰り返し放置して、計98件の反則通知を受けていました。


 愛知県警は、男性に対して再三督促状などを送付していましたが、男性が応じなかったため、これまで違反金を支払った分や既に強制徴収された分などを除く約207万円について、男性の銀行口座から現金を差し押さえたものです。


 放置違反金は107万6000円だったのですが、延滞金が99万8700円もありました。


 ご存じのように、平成18年の改正道路交通法により創設された「放置駐車違反制度」では、駐車違反をした運転者が違反金を支払わない場合、資産の差し押えや車両の使用制限、車検の拒否ができるようになっており、駐車違反の反則金なんて支払わなくても大丈夫だろうと安易に考えていると、とんでもないことになります。


 駐車違反を繰り返していると、莫大な違反金を支払わなければならなくなることを、しっかりと肝に銘じておきましょう。

(シンク出版株式会社 2015.5.13更新)

■疎かにしていませんか?交通ルールと運転知識

多くの方は運転免許証を取得すると、交通ルールや運転知識について改めて見直す機会に恵まれないのではないでしょうか?

 

交通ルールや運転知識を勘違いしたまま、運転していると違反や、事故に繋がります。

 

小冊子「大丈夫?あなたの運転知識」は、勘違いしやすい交通ルールや、運転知識をQ&A形式でチェックし、正しい運転知識を身につけられる交通違反、交通事故防止のための教育教材です。

 

※監修

 信田正美(元・岐阜県警察本部交通部管理官)

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

4月20日(金)

サイト内検索
運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。