雨の日はタイヤの摩耗で制動距離が変わる

 もうすぐ、うっとうしい梅雨の季節がやってきますね。


 雨天走行で注意しなければならないのは、濡れた路面により制動距離が延びたり、スリップしやすくなるということですが、これらについては、タイヤの摩耗具合が大きく関わってきます。


 JAFでは、新品タイヤ、5分山タイヤ、2分山タイヤでどれだけ制動距離に差が出るかをテストしています。


 それによりますと、一般道路を想定して時速60キロでブレーキをかけた場合、新品タイヤと5分山タイヤでは、ドライ路面・ウェット路面ともに、制動距離に大きな差は見られませんでした。


 しかし、2分山タイヤはドライ路面で平均15.8mでしたが、ウエット路面では18.0mと2m以上伸びています。一方、高速道路を想定して時速100キロでブレーキをかけた場合、新品タイヤでは、制動距離に大きな差は見られませんでした。


 しかし、5分山タイヤはドライ路面では平均44.1mでしたが、ウエット路面では50.8mと約7m伸びており、2分山タイヤはドライ路面で42.6mで止まれたものが、ウエット路面では70.5mにも伸びています。


 このテスト結果を見てもわかるように、タイヤの溝が摩耗限度内であっても安心できません。雨天走行では、スピードダウンと早めのブレーキをお願いします。


 (シンク出版株式会社 2015.5.26更新)

■運転知識を間違えたまま運転していませんか?

小冊子「大丈夫?あなたの運転知識」は、勘違いしやすい交通ルールや、運転知識をQ&A形式でチェックし、正しい運転知識を身につけられる交通違反、交通事故防止のための教育教材です。

 

※監修

 信田正美(元・岐阜県警察本部交通部管理官)

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

7月23日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・安全なプロトラックドライバーを育てるマナーとモラル

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。