98%の事故は防ぐことが可能です

 以前、ハインリッヒの法則という言葉を紹介したことがあると思います。「1:29:300の法則」です。


 この法則を発見したアメリカの保険会社の技術者であったハインリッヒ氏は、労働災害の研究から別の法則も明らかにしています。それは、「事故・災害の98%は注意していれば防ぐことが可能」というものです。


 防ぐのが不可能な「2%」は自然災害によるもので、いくら人間が努力しても逃れられない事故があるということです。逆に言えば、事故のほとんどはヒューマンエラーであり、私達の努力で防ぐことができるのです。


 しかし、事故が起こる要因にはさまざまなパターンがあり、98%のすべての事故を予測して防ぐのは、なかなか大変です。そこで大切になるのは、事故事例について知識を得たり他人のヒヤリ・ハット体験を聞くということです。


 「人はどんなときミスを起こしやすいのか」という知識をたくさん持っていると、そうした場面に遭遇したとき、自分なりにミスを防ぐ行動をイメージすることが可能になります。逆にまったく知識がないと、うっかりミスをおかす確率も高くなります。


 たとえば、右折時には右後方からくる自転車などと衝突する事故が多いということを知っていると、右を注意して確認しようという気持ちになりますね。ですから日頃から事故例に注意を払って、98%の事故防止を目指しましょう。

(シンク出版株式会社 2015.6.23更新)

■パワーポイントとPDFファイルで危険予測訓練ができます

CD-ROM「危険予測訓練12か月」は交通場面の危険だけではなく、運転者の心理に潜む危険も予測する危険予測訓練ツールです。

 

 季節特有の危険要素を取り入れた問題場面を12か月分(12シート)用意していますので、時宣に応じた危険予測訓練を実施することができます。

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月27日(水

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。