Uターンするときは細心の注意を払おう

写真はイメージです。文中の事故と関係ありません
写真はイメージです。文中の事故と関係ありません

 さる7月1日午後9時38分ごろ、栃木県小山市の国道で、一度路肩に停車した後にUターンしようとした軽乗用車が対向車線を走行してきた乗用車と衝突し、運転していた62歳の男性が意識不明の重体になる事故がありました。


 Uターンする場合には、まず後続車と対向車の有無を確認してから、双方の車が来ていないとき、あるいは来ていてもまだ遠くにいて十分にUターンできると判断したときに行うのが通常です。


 今回の事故をみていると、対向車が来ているのになぜUターンを開始したのだろうかと疑問に思いますが、事故が起きた時間が夜間であったことを考えると、対向車の位置やそのスピードを見誤ったのではないかと思われます。


 夜間は、対向車のヘッドライトだけで判断しなければなりませんので、遠くにいると感じていても結構近くにいることが少なくありません。


 また、対向車がどれだけスピードを出しているのかの判断も難しいので、対向車がスピードを出していると遠くにいると思っていても、あっという間に近づいてきます。加えて、Uターンするときには思っている以上に時間がかかります。


 Uターンするときには、対向車の位置やスピード確認など細心の注意を払って行うようにしましょう。

(シンク出版株式会社 2015.7.7更新)

■運転時に「どんな危険行動をとりがちか」をチェックできます

 セルフチェックシリーズ第6弾「運転における危険回避力をチェックしよう」は、運転時にリスクテイキング(危険敢行性)をする傾向を知ることで、交通事故防止をはかる参加型教育教材です。

 

 事故の可能性がある場面に出会ったとき、あえて危険な行動を取る傾向がないか、リスクを軽視する傾向がないか、自分がどのようなリスクを犯しやすいか──などがチェックできます。イラスト入り解説を読むことで、運転時に気をつけるべきポイントを自覚することができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

6月22日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材
運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所

駐車場・構内における

危険をキャッチしよう

>> 詳しくはこちら

トラック DVD 事故防止 映像教材

DVD・安全なプロトラックドライバーを育てるマナーとモラル

>> 詳しくはこちら

交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。