悪質自転車に初の受講命令

 皆さんご存じのとおり、今年の6月1日から施行された道路交通法の改正により、信号無視などの自転車の危険な運転行為を3年以内に2回以上行った場合には、安全講習の受講が義務づけられました。ちなみに、講習時間は3時間で、講習手数料は5700円です。
 
 さる7月31日に、この受講命令が全国で初めて出されました。


 受講命令が出されたのは、大阪市に住む29歳の男性会社員で、7月9日通勤途中にピストバイクと呼ばれる競技用自転車の前輪にブレーキを付けずに運転したとして、道交法違反(制動装置不良自転車運転)で交通切符(赤切符)を交付され、15日にも同じ行為で検挙されたものです。
 
 男性は「後輪にはブレーキがあったので問題ないと思った」と話しているそうですが、一度注意されているにもかかわらず、1週間後にまた同じ行為をするというのは、まったく遵法意識が欠如していると言わざるを得ません。
 
 これまで自転車に乗っている人は、比較的軽い気持ちでルール無視の行動をしていたと思いますが、これからはそういう訳にはいかなくなります。自転車に乗っているときも、遵法意識を持って運転してくださいね。

(シンク出版株式会社 2015.8.7更新)

■高齢者との事故防止を図る運転者教育教材

高齢社会を迎え、運転者は今後ますます高齢者との事故に注意を払う必要があります。

 

小冊子「高齢者との事故を防ごう」は、高齢者の歩行中や自転車乗車中の6つの事故パターンから、事故に至った高齢者と運転者の意識のギャップを紹介し、取るべき運転行動を解説しています。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

11月22日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。