平成27年1月~7月の交通死亡事故の概要

平成27年1月~7月の交通事故発生状況──全国 (警察庁交通局調べ)

項 目 人数・件数 対前年比
  死者数   2,226人     -24人(-1.1%)
  発生件数

  307,795件

-18,191件(-5.6%)
  負傷者数   380,256人 -22,388人(-5.6%)
  高齢者死者数   1,163人

     +16人(+1.4%)

 ※発生件数・負傷者数は概数値です

 

■高齢者の死者が52.2%を占める

平成22年中 交通死亡事故
 イラストは「高齢者との事故を防ごう」より

■人口構成率に比べ高齢者の死者は2倍以上

 このたび、警察庁がまとめた今年(平成27年)7月までの交通事故発生状況によると、交通事故死者数は 2,226人で前年同期と比べて-24人(-1.1%)とわずかながら減少しています。

 事故死者数のなかでもっとも多いのは、依然として高齢者であり、1,163人と全体の52.2%を占めていて、前年より16人増加しています。

 

 なお、高齢者人口が全人口に占める構成率は25.1%ですから、この数字と比較して約2.1倍になり、高い水準となっています(※平成25年10月の推計人口による)。

 

 高齢者の死者を状態別にみると、歩行中がもっとも多く525人、次いで自動車乗車中の342人、自転車乗用中200人となっています。

■歩行中死者の約67%が高齢者

 高齢者の歩行中死者が多いことは、歩行中死者を年齢増別にみた割合でもわかります。歩行中死者数の中に高齢者が占める割合は66.5%(789人中の525人)にも達しています。

 歩行者が死亡する事故の10人のうち約7人までが高齢者ということになります。


■高齢者の自転車乗用中の死者が大幅に増加

 イラストは「高齢者との事故を防ごう」より
 イラストは「高齢者との事故を防ごう」より

 同じように、自転車乗用中の死者数を年齢層別にみると、高齢者の占める割合は61.2%と高い率を示しています。

 

 なお、状態別死者数の増減率をみると、自動車乗車中と原付乗車中は、前年より減少しているにもかかわらず、他の状態別は増加し、なかでも自転車乗用中死者数は19.8%増(54人増)と大幅に増加している点が特徴的です。

 

 自転車乗用中死者の年齢層別の増減数では、40代、50代、60代前半では減少していますが、他の年齢層では増加し、なかでも65歳以上の高齢者の35人増(21.2%増)が非常に目立っています。


 ※詳しくは、警察庁のWEBサイトを参照してください。 

[警察庁交通局:交通事故統計(平成27年7月末)]より

■平成27年7月末現在の都道府県別・交通事故死者数(ITARDA発表分)

 都道府県別の交通事故死者数は下のエクセルファイルをダウンロードできます。

平成27年1-7月/都道府県別交通事故発生状況
交通事故総合分析センター/ITARDA発表データより抜粋
kotsujikoshisha_27.7.xls
Microsoft Excel 26.0 KB

※運転者向け小冊子「高齢者との事故を防ごう」はこちらを参照してください。

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

4月20日(金)

サイト内検索
運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。