「3秒ルール」をご存知ですか

 3秒ルールといえば、バスケットボールを思い起こす人が多いでしょう。攻撃陣は相手コートの制限区域内に3秒を超えてとどまることができません。

 

 では、運転にも「3秒ルール」があることを知っていますか? 


 一つは、合図のルール(法令)ですね。進路変更や転回をするときには3秒前に合図を出すことが定められています。他の車などが、自車の進路を変更する意思に気づいて、対応できる時間を与えるためです。


 もう一つ、欧米のドライバー教育でよく使われる「3 Second Rule」という言葉があります。正確には、3 Second Following Distance Rule と言って、3秒走るだけの車間時間(車間距離)をとって、前車に追従しましょうという安全運転のアドバイスです。


 前車が目印となる電柱・横断歩道などを通過したときから「1001、1002、1003」と唱えて、3秒数えた後に自車が通過するようなタイミングで車間距離をとりましょう。


(シンク出版株式会社 2015.8.10更新)

■追突事故防止に向けた指導資料のご案内

 多発する追突事故。車間距離維持も大切ですが、事故原因の多くは、わき見や漫然運転など運転者のミスであり、事故防止対策には、運転者の追突原因に対する気づきが重要です。

 

 教育用小冊子「自分で気づこう!!追突事故の危険」は、7つの事故事例をもとに自分自身の運転態度をチェックすることができ、「わき見」「思い込み」「漫然運転」などによる追突事故防止を狙いとした小冊子です。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

9月26日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。